カチョエペペ

シンプルが最高! イタリア語でカチョ(cacio)とはチーズ、ぺぺ(pepe)は胡椒と言う意味でカチョエペペはその名の通りすりおろしたチーズと黒コショウをパスタに和えたシンプルなパスタです。イタリアの首都ローマの名物パスタ料理です、 カルボナーラ、アマトリチャーナと並んでローマの3大パスタと呼ばれるカチョエペペは美味しさとシンプルさにはまる人も多いパスタです。 ローマ帝国時代の羊飼いによって開発された料理と言われています。

レシピ
材料(2人分)
・スパゲッティ‥‥200g
・ペコリーノ・ロマーノ(削る)‥‥100g程
・黒胡椒(あらびき)‥‥適量
・塩‥‥適量

※ペコリーノの塩分が強いので、パスタを茹でるお湯は
塩を少し控えめにしましょう。
手順① パスタを表示時間より2分短くゆでる
② フライパンにパスタのゆで汁200mlと黒胡椒を入れ中火にかける
③ ボウルにペコリーノ100gと②を3回に分けて加えながら混ぜる。
④ フライパンに茹でたパスタ、③を加え混ぜ合わせる
⑤ 仕上げに残りのペコリーノ・ロマーノをふりかけて完成

PAGE
TOP