ピッツァイオーラ

簡単なのに本格的 ピッツァイオーラ(pizzaiola)とは牛肉などをトマト、オリーブ、ケイパー、オレガノで作るソースと合わせた料理。イタリア語でカルネ・アッラ・ピッツァイオーラ(carne alla pizzaiola)と呼ばれます。 カルネとは「肉」、ピッツァイオーラとは「ピザ職人」という意味。肉にかけるソースの材料が、トマト、ブラックオリーブ、オレガノとピッツァの基本ソースであることからついた名前で、ナポリ発祥の料理です。

レシピ
材料(2人分)
・厚めの牛スライス(赤身)‥‥250g
・バター‥‥20g程
・白ワイン‥‥50ml
・モッツァレラチーズ‥‥50g
・パッサータポモドーロ‥‥200g
・バジルの葉‥‥5枚
・小麦粉‥‥少々
・塩・黒胡椒‥‥適量
手順① 肉はよく叩いて薄くのばし塩コショウ、小麦粉を振りかける
② フライパンにバターを入れ肉を焼き目が付くまで焼いたら皿にあげておく。
③ フライパンにパッサータポモドーロ、白ワイン、バジルの葉を入れて10分煮込み、トマトの水分を飛ばす。
④ フライパンに肉を戻し、モッツァレラチーズをのせて蓋をする。
⑤ チーズがとけたら完成

PAGE
TOP