パッパ・アル・ポモドーロ

食欲のないときにもスルスル入る優しい味わい トスカーナ州の伝統料理であるこの料理、日本では「トマトのパン粥」と呼ばれたこともあるとか。 二日酔いにも効くというから、知っていて損はないはず。 余って硬くなったパンでつくる、エコロジーな料理でもあるパッパ・アル・ポモドーロは冷めても美味しいですよ。

レシピ
材料(2人分)
・トマト(2㎝角にカット)‥‥ 1個
・玉ねぎ(みじん切り)‥‥ ½個
・パッサータ‥‥ 250ml
・ニンニク‥‥ ½片
・バジルの葉‥‥ 5枚
・オリーブオイル‥‥ 大さじ4
・塩こしょう‥‥ 適量
・野菜スープ(にんじん、たまねぎ、セロリ、などで取ったダシ。市販のブイヨンでもOK)‥‥ 250ml
・バケット(1日置いて硬くなったもの)1センチ角にカット‥‥ 100g
・パルメザンチーズ‥‥ 適量
手順【下準備】
① 野菜スープを火にかけ、暖めておく
【作り方】
① 鍋にオリーブオイルを入れて弱火にかけ、玉ねぎとにんにくを入れて炒める。
② 玉ねぎに火が通って色づいてきたら、トマトと塩コショウを加えて2.3分程馴染ませて炒める。
③ 温めておいた野菜スープとパッサータを②の鍋に加え、塩とこしょうも加えてさらに5分程度煮込む
④ バジルを加え、時々かきまぜて、様子を見ながら少し液体が残る程度にまでパンを加え、さらに5分煮込む。
⑧ 食べる直前にパルメザンチーズ、オリーブオイルをかけるとさらに美味しい

PAGE
TOP